音楽ビジネス

音楽ビジネス

【脱!ビギナーバンド】ライブをやるべきではない5つのタイミングについて

ミュージシャンたるもの、自分の音楽を認めてもらうためにはどんなチャンスでも飛びついてしまうものかもしれません。 でも、なんでもかんでもオファーに対してOKを出すのは逆に自分の首を絞めることになるかもしれません そこで今回は『ライブをやるべきではない5つのタイミング』について語りたいと思います。
音楽ビジネス

アーティストグッズ定番の物販タオルについて – 素材・染料・洗い方・管理方法・プリント業者など

音楽ビジネスの収益源が、パッケージングされた音源からライブやグッズに移行しているのは事実なのですが、そのグッズのなかでも“タオル”は欠かせないんだろうなと思います。ライブやフェスで汗をかくことも多いことから、実用性が高いタオルは非常に需要あるのでしょうね!そこで今回はこの“物販としてのタオル”について考えてみます。
音楽ビジネス

安くグッズを作りたい! – オリジナルグッズを小ロットで作る7つのメリットとたった1つのデメリット

最近はTシャツやステッカーなど『オリジナルグッズを小ロットでも制作します』『オリジナルステッカー1枚からでも対応できます』という業者が多くなってきたように感じます。 そこで今回は『オリジナルグッズを小ロットで作るべき10の理由』について解説します。 メリット、デメリットを天秤にかけて検討する判断材料になれば幸いですl
音楽ビジネス

ラバーバンドとは? – フェスやライブ会場でラバーバンドが流行った6つの背景を考える

最近バンドの物販グッズでも人気があるものの1つとして“ラバーバンド”があげられます。 ここ数年でフェスやライブ会場でラバーバンドを身につけている人を多くみるようになりました。 そこで今回は“ラバーバンドが流行った6つの背景”について考えてみます。
音楽ビジネス

バンドマンの集客について – あなたのライブにお客さんがつかない7つの理由

地方在住なので高校生のコピーバンドのライブから地方では人気があるバンドのライブを観る機会が結構ありました(最近はめっきり減りましたが)。 インディーズレーベルやライブハウスを運営していた時は、ほぼ都内のミュージシャンとの関わりが多かったので、全国区のバンドのライブも見る機会も多かったんです。 そうするとお客さんがつく、つかないライブの差は歴然としています。 今回は「ライブにお客さんがつかない7つの理由」について考えてみます。
音楽ビジネス

日本人はコレクター気質?- そこに着目すると今後の音楽コンテンツのあり方がわかってくる件

最近すっごくレコードがほしいんです。もともとコレクター気質ってこともあるんですが、、、。 YoutubeやiTunesでも曲の視聴や購入はできますけど、やはりモノとして残したい。 むしろ集めたい。コンプリートしたい!というコレクター魂がふつふつと沸いてきています。 でもこの心理を知ることって、CD不況の今の音楽業界の活路につながるんではないかと思って深めてみました。
音楽ビジネス

音楽でお金を稼ぐための9つの方法について- 新しい音楽ビジネスの形を海外のサービスから学ぶ

10年前とは違い今はアイディア次第ではバンドが音楽で稼ぐ方法がたくさんありますし、そのプラットフォームが整備されていることは事実です。 日本もどんどんそういったサービスはリリースされていますが、やはり海外は種類が多いなと感じました! 音楽によるビジネスを生業にしている方は特に、「こんな方法もあるんだ!」という知識とすることって重要なことかと!
音楽ビジネス

音楽とファッションのコラボレーションについて- Daft PunkからKanye Westなどの事例から

音楽とファッションについての記事執筆のためいろいろ調べていると、国内でもバンドやミュージシャンがファッションブランドとのコラボやエンドース契約を撮る事例がちらほらみられます。 アクセサリーブランドを経営している時、いくつかバンドとのコラボ企画は経験あるのでこのテーマは馴染みあるのですが、印象としてはそれぞれの異なった客層にアピールできるのでメリットは大きいかと思います。
音楽ビジネス

いまの音楽文化にはDIY精神が足りないと思うって話 – 本当のインディーズミュージックとは?

音楽活動をしている人って普通の人より好奇心旺盛な人が多いような気がします。 でもどこかで「こうあるべきだ」って縛りを自分で作っちゃって可能性を狭めちゃってる場合もあるような…。 だからこそ『DIY精神』ってのは音楽活動には今後さらに必要だと思うんです!
音楽ビジネス

音楽活動でビジネスを!- 海外で注目されている音楽でお金を稼ぐための8つの方法

10年前とは違い今はアイディア次第ではバンドが音楽で稼ぐ方法がたくさんありますし、そのプラットフォームが整備されていることは事実です。 日本もどんどんそういったサービスはリリースされていますが、やはり海外は種類が多いなと感じました! 参考にしていただければ幸いです!
タイトルとURLをコピーしました